ギャンブル依存治療が保険適用になる事に対して、出産費用や不妊治療こそ保険適用すべきとの声 | こぐま速報

ギャンブル依存治療が保険適用になる事に対して、出産費用や不妊治療こそ保険適用すべきとの批判の声

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギャンブル依存治療が保険適用になる事に対して、出産費用や不妊治療こそ保険適用すべきとの批判の声

厚生労働省が検討しているパチンコといったギャンブルの依存症治療への保険適用をする方針を固めた事について、それよりも出産費用や不妊治療を保険適用すべきという意見が多く出ています。

厚生労働省は11日、カジノや競馬、パチンコといったギャンブルの依存症治療について、来年度から公的医療保険の対象とする方針を固めた。同日開かれた中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)での議論を受け、同省は、依存症患者に対する適切な医療体制の整備が急務と判断した。国内ではカジノを含む統合型リゾート(IR)の開業を可能とするIR実施法が昨年7月に成立し、依存症対策が課題となっている。
引用:yahoo.co.jp

ネットの反応