【動画】西尾幹二さんが昔の朝生で日韓関係をドイツとポーランドの関係と比較した主張がまさに正論だと話題に!

西尾幹二さんが昔の朝生で日韓関係をドイツとポーランドの関係と比較した主張がまさに正論だと話題に!

ドイツ文学者・研究家で政治的論客の西尾幹二さんが昔の朝まで生テレビで謝罪と賠償が取りざたされている日韓関係について、ドイツとポーランドの関係と比較して発言した内容がまさに正論だと話題になっています!

朝まで生テレビ:西尾先生の理路整然とした正論に頭を抱ふる辛淑玉

西尾幹二さんの主張

ドイツがポーランドに対してやったこと

。小学校4年生以上の教育は不許可
・学校の教師や弁護士など知識階級や指導階級を100万人を虐殺

日本が韓国に対してやったこと

・朝鮮民族の絶滅を考えたことはない
・京城帝国大学をつくり韓国の近代化に貢献

上記を素直に認められなければ日韓関係は正常なものにはならない。

全文書き起こし

あのー、ドイツの話がさっきから出ているので、ちょっと、ついでに申しあげますけれどもね。ドイツは50年前の話はもう忘れて、あるいは許されて、と言うけれども、おそらくドイツは1,000年許されないであろうと私は思いますね。

 つまり、ドイツのやったことというのは、日本のやったことと根本的に違う。一つの民族を地上から抹殺するために、600万~700万の人間をですね、強制収容所に入れてガス室で殺したというその犯罪はですね、恐らくそりゃスターリンが似たことをやったかもしれないけれどもね、恐らくですね、全くですね、日本の軍国主義なんかと比肩できるような問題じゃないんですね。

 で、そこでですね、日韓という関係でよく言われるのは、ドイツとポーランドの関係なんです。皆さんはね、ドイツのやった犯罪についてはユダヤ人やジプシーのことばかり考えているかもしれないけれど、ドイツのやったポーランドに対する犯罪というのは凄まじくてですね、ドイツ人はポーランドの占領時代に小学校4年生以上の教育は許さないと、500まで教えられて、自分の名前をかければよい、と。あとはドイツ人に従順な奴隷をつくるために高等教育を受けた者は粛清されるべきだと言ってですね、実際に占領時代に100万人の指導階級が虐殺されているんですよ。100万人ですよ? そして、その、例えば学校の教師とか弁護士というのは軒並み理由もなく連れ去られて虐殺されているんですね。

 そうしてですね、そのようなことをやったポーランドとドイツの関係は複雑なんですけれども、そのポーランドですらも露助よりはいいと言っているんです。ドイツには文化があるから、と。ロシア人よりは、まだいいと。ドイツには文化があるから、と。それがね、世界の歴史の凄まじい現実なんですよ。

 そこで比較で言いますよ。小学校4年生以上の教育を与えないと言ったドイツと、日本が朝鮮民族の絶滅を考えたことが一度でもありますか。夢に見たこともないでしょう、そんなこと。それどころか、日本人になってくれと言ったんじゃありませんか。いいですか、小学校4年どころか、京城には京城帝国大学をつくったんですよ? 京城帝国大学は大阪帝国大学よりも前につくっているんですよ? 台北にも帝国大学をつくりましたが。そして、それはどういうことを意味したかというと、日本の優越感だったでしょう、高等教育を与えてやっているんだぞという類の優越感があったことは間違いありません。

 しかし、それがその後に韓国が切り拓いた近代化への道に何にも役に立たなかったなんていうことは絶対にあり得ないはずです。それを素直に認めなければ、日韓関係は、正常なものには、私は、ならないだろうと思います。すなわち、日本人が、韓国の・・・よく時々変なことを言う人がいるんですよね、ユダヤ人に対して十分な償いをしたドイツ人の百万分の一も日本人は韓国にやっていないと。それは、やったことが違うんですから。

 で、おそらく、その例えば、エコノミストというのが7月に、日本人がとやかく外国から言われるのは、時代が終わりだと。50年前の歴史は、政治家が議論すべき問題ではなくて、歴史家に委ねるべきだ、というような発言が、英米から出ております。
(後略)
引用:youtube.com

参考)

動画:【西尾幹二】河野談話見直し【従軍慰安婦という嘘】

ネットの反応

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

【動画】西尾幹二さんが昔の朝生で日韓関係をドイツとポーランドの関係と比較した主張がまさに正論だと話題に!