自衛隊員が被災地で赤飯を食べているのすら苦情を言う人々・・・不謹慎もここまでくるとクレーマー・・・

自衛隊員が被災地で赤飯を食べているのすら苦情を言う人々・・・不謹慎もここまでくるとクレーマー・・・

西日本豪雨などで、被害にあった人々を助けてくれている自衛隊員に対して赤飯を食べるなど不謹慎だと批判がありました。

数年前ですが、このような記事がありました。

自衛隊員が被災地で赤飯を食べているのすら苦情を言う人々・・・不謹慎もここまでくるとクレーマー・・・

<記事によると>

東日本大震災で自衛隊の災害派遣が始まったころの話である。避難所などである問題が発生した。その原因は「赤飯」だった。

「赤飯を出すな!」

そんな指示が上層部から出されたということで、ちょっとした混乱が起きたのだ。

自衛隊の戦闘糧食である缶詰、いわゆる「缶めし」の中でも赤飯は腹持ちが良く、ハードな活動をする隊員にとってはありがたいものと考えられていた。しかし、これまで災害派遣に出た際、何度か被災者に配ったところ、思いがけない反応をされたのだ。

「こんな時に赤飯とは何事だ!」

配った方も悪気があるわけではない。これで少しでも元気になってもらおうとしたにもかかわらず、お叱りを受けてしまったのだ。

こうした経緯があり、陸海空自衛隊の中でも陸自はその後、赤飯の缶詰を廃止する決断をしたということで、賛否両論を生んだ。

引用:zakzak.co.jp

ネットの反応

あわせて読みたい

こちらの本もオススメ

created by Rinker
¥1,760 (2019/10/17 14:25:45時点 Amazon調べ-詳細)
この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

自衛隊員が被災地で赤飯を食べているのすら苦情を言う人々・・・不謹慎もここまでくるとクレーマー・・・