日本学術会議は中国の「千人計画」には積極的に協力し、日本での防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていることが判明!

日本学術会議は中国の「千人計画」には積極的に協力し、日本での防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていることが判明!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本学術会議は中国の「千人計画」には積極的に協力し、日本での防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていることが判明!

菅総理の任命問題が騒がれている日本学術会議ですが、中国の「千人計画」には積極的に協力し、一方で日本での防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていることが判明し、その立ち位置の正統性が問われています。・

●甘利明議員のブログより引用

 日本学術会議は防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていますが、中国の「外国人研究者ヘッドハンティングプラン」である「千人計画」には積極的に協力しています。他国の研究者を高額な年俸(報道によれば生活費と併せ年収8,000万円!)で招聘し、研究者の経験知識を含めた研究成果を全て吐き出させるプランでその外国人研究者の本国のラボまでそっくり再現させているようです。そして研究者には千人計画への参加を厳秘にする事を条件付けています。

中国はかつての、研究の「軍民共同」から現在の「軍民融合」へと関係を深化させています。つまり民間学者の研究は人民解放軍の軍事研究と一体であると云う宣言です。軍事研究には与しないという学術会議の方針は一国二制度なんでしょうか。そもそも民生を豊かにしたインターネットが軍事研究からの出自に象徴されるように、機微技術は現在では民生と軍事の線引きは不可能です。

更に言えば、各国の学術会議は時の政府にシンクタンクとして都度適切なアドバイスをしています。評価されたドイツのメルケル首相の会見もドイツアカデミーの適切な助言によるものと言われています。学術会議には日本の英知としての役割が期待されます。政権の為ではなく国家の為にです。
引用:amari-akira.com

日本学術会議は中国の「千人計画」には積極的に協力し、日本での防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていることが判明!

除外された候補者が政権を恫喝!?

ネットの反応


日本学術会議は中国の「千人計画」には積極的に協力し、日本での防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていることが判明!


created by Rinker
¥2,543(2020/10/29 02:12:57時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

マスク適正価格になっています

created by Rinker
ピッタマスク(PITTA MASK)
¥800(2020/10/28 11:00:12時点 Amazon調べ-詳細)


更新情報をFacebookで受け取る

 

更新情報をTwitterで受け取る

更新情報をLINEで受け取る

友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね&フォローしよう!
最新情報をお届けします。
こぐま速報