【電通案件?】100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者が、電通研究所という施設の最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたという投稿に反響

【電通案件?】100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者が、電通研究所という施設の最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたという投稿に反響

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスク適正価格になっています

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,915(2021/07/31 00:38:15時点 Amazon調べ-詳細)

【電通案件?】100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者が、電通研究所という施設の最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたという投稿に反響

電通案件ではないと否定した、100日後に死ぬワニの作者のきくちゆうきさんが、電通研究所という建物の最寄り駅で打ち合わせをしていたいう投稿がされました。電通研究所の電通との直接の関係は不明ですが、ネットでは反響を呼んでいるようです。

「電通案件ではない」と公式に否定するも、100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者のきくちゆうきさんが、電通研究所最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたことが判明。
「電通案件ではない」と公式に否定するも、100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者のきくちゆうきさんが、電通研究所最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたことが判明。


「電通案件ではない」と公式に否定するも、100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者のきくちゆうきさんが、電通研究所最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたことが判明。

「電通案件ではない」と公式に否定するも、100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者のきくちゆうきさんが、電通研究所最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたことが判明。

「電通案件ではない」と公式に否定するも、100日後に死ぬワニ投稿開始直前に作者のきくちゆうきさんが、電通研究所最寄り駅まで出向いて打ち合わせしていたことが判明。

ネットの反応


あわせて読みたい