明石市の市長は、弟が障害者であり、毎日小学校まで送迎していた経験から「一人の子供も見捨てない」との覚悟で子供中心のまちづくりをしている - こぐま速報

明石市の市長は、弟が障害者であり、毎日小学校まで送迎していた経験から「一人の子供も見捨てない」との覚悟で子供中心のまちづくりをしている

スポンサーリンク
スポンサーリンク


マスク適正価格になっています

 

明石市の市長は、弟が障害者であり、毎日小学校まで送迎していた経験から「一人の子供も見捨てない」との覚悟で子供中心のまちづくりをしている

兵庫県明石市の市長の泉房穂さんは、弁護士であり弟が障害者であり自身が両親の代わりに毎日小学校まで送迎していた経験から「一人の子供も見捨てない」との覚悟で子供中心のまちづくりをしていることがわかりました。

ネットの反応

あわせて読みたい