江戸時代から昭和初期までは都市部でも一汁一菜で十分だった家庭料理が、メディアの影響でどんどん手数が要求されるようになった - こぐま速報

江戸時代から昭和初期までは都市部でも一汁一菜で十分だった家庭料理が、メディアの影響でどんどん手数が要求されるようになった

スポンサーリンク
スポンサーリンク


created by Rinker
¥1,599(2024/05/27 13:10:08時点 Amazon調べ-詳細)
 

江戸時代から昭和初期までは都市部でも一汁一菜で十分だった家庭料理が、メディアの影響でどんどん手数が要求されるようになった

江戸時代から昭和初期までは都市部でも一汁一菜(焼いた魚に漬物程度)で十分だった庶民の家庭料理が、メディアの影響でどんどん手数が要求されるようになったという投稿が話題になっています。

ネットの反応


created by Rinker
¥1,520(2024/05/27 05:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

●ツイート主の堀越英美さんの著書はこちら

created by Rinker
河出書房新社
¥1,540(2024/05/28 03:59:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
大和書房
¥1,551(2024/05/28 03:59:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,599(2024/05/27 13:10:08時点 Amazon調べ-詳細)
 


更新情報をFacebookで受け取る

 

更新情報をTwitterで受け取る

更新情報をLINEで受け取る

友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめ
この記事が気に入ったら
いいね&フォローしよう!
最新情報をお届けします。
こぐま速報