「運動音痴の息子がホームランを打つまで」涙あり笑いありの2年半を4分48秒にまとめた動画が感動的! | こぐま速報

「運動音痴の息子がホームランを打つまで」涙あり笑いありの2年半を4分48秒にまとめた動画が感動的!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスク安くなってきています

created by Rinker
ピッタマスク(PITTA MASK)
¥907(2020/09/29 10:58:08時点 Amazon調べ-詳細)

「運動音痴の息子がホームランを打つまで」涙あり笑いありの2年半を4分48秒にまとめた動画が感動的!

「運動音痴の息子がホームランを打つまで」涙あり笑いありの2年半を4分48秒にまとめた動画が感動的!
小学生の頃、運動音痴で長打が全然打てなかった息子さんが、練習に練習を重ねて長打力を身に着けホームランが打てるようになった動画が感動的だと話題になっています。

「運動音痴の息子がホームランを打つまで」涙あり笑いありの2年半を4分48秒にまとめた動画が感動的!

「運動音痴の息子がホームランを打つまで」涙あり笑いありの2年半を4分48秒にまとめた動画が感動的!

親バカですが、息子の中学野球引退を記念して動画を作成しました。涙あり笑いありの2年半。

おすすめ動画で紹介されたらしく、大勢の人にみていただいてありがとうございます! コメントもたくさんいただきました。なかなか返事が出せませんが、ひとつひとつ読んで喜んでます。

コメントの中に「いうほど運動音痴じゃない」というものがあったのですが、小さい頃の息子は縄跳びは跳べない、ブランコも漕げないくらい運動が苦手でした。

縄跳びは跨ぐだけだし、ブランコはいくら漕いでもずっとその位置をキープしたままでした。

そんな息子が野球を始めたのは小学校3年のころ。友人に誘われて興味を持ったのです。

楽しそうに野球をやっているのはいいのですが、ギクシャクした動きで酷いものでした。ずっとベンチに座っていることになるのも可哀そうだと一緒に練習することに。レギュラー目指して、毎朝練習を続けました。

動画の最初のシーンは6年生の頃です。野球を始めてすでに3年以上経っていたので、全くやっていない子よりはできるように見えるのかもしれません。

ただ息子の場合、練習を繰り返した動きはできても、初めての動きになるとなかなかうまくできないのです。
引用:youtube.com

運動音痴な息子の中学野球生活を4分48秒にまとめた動画

ネットの反応