【悲報】JASRAC、結婚式や披露宴についても著作権使用料を徴収の方向性!

【悲報】JASRAC、結婚式や披露宴についても著作権使用料を徴収の方向性!

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽や映像を結婚式や結婚披露宴などで流す場合に包括的に著作権を徴収する方法の試験的運用を実施することを表明した。

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、音楽や映像を結婚式や結婚披露宴などブライダル目的で複製する場合の使用料について、包括的に徴収する方法の試験的運用(実証実験)を実施する。事業者の募集受付は9月2日~9月20日。

結婚式や披露宴などでJASRAC管理の音楽を使う場合、余興のカラオケやプロフィールビデオ上映やBGM用CDの再生など「演奏」利用や、BGM用CD製作/記録用DVD製作など「複製」利用という目的に応じて使用料の手続きが必要となり、通常はホテルや結婚式場、録音/録画物の製作事業者(または代行団体)らがこうした手続きを行なっている。

10月1日からはブライダル専用の使用料が適用。JASRACやRIAJ(日本レコード協会)に対し、個別の著作権使用料/著作隣接権使用料が発生し、料金などの詳細はJASRACのパンフレットに掲載されている。
引用:impress.co.jp

ネットの反応


【悲報】JASRAC、結婚式や披露宴についても著作権使用料を徴収する可能性!

【悲報】JASRAC、結婚式や披露宴についても著作権使用料を徴収する可能性! 【悲報】JASRAC、結婚式や披露宴についても著作権使用料を徴収する可能性!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

【悲報】JASRAC、結婚式や披露宴についても著作権使用料を徴収する可能性!