ロシア軍の戦車隊の行軍を防ぐため、無線で「さようなら」と告げ、若きウクライナ軍兵士が橋の上で自爆し進撃を食い止める  - こぐま速報

ロシア軍の戦車隊の行軍を防ぐため、無線で「さようなら」と告げ、若きウクライナ軍兵士が橋の上で自爆し進撃を食い止める 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


created by Rinker
¥1,599(2024/03/04 12:59:07時点 Amazon調べ-詳細)
 

ロシア軍の戦車隊の行軍を防ぐため、無線で「さようなら」と告げ、若きウクライナ軍兵士が橋の上で自爆し進撃を食い止める

ロシア軍の進軍を止めるため、ヘニチェスキー橋の爆破任務に当たっていたウクライナ軍工兵のヴィタリー・スカクン氏が、遠隔操作で橋を爆破する時間が無いことを悟り自爆して進軍を防いだとのことです。

ロシア軍の戦車隊の行軍を防ぐため、無線で「さようなら」と告げ、若きウクライナ軍兵士が橋の上で自爆し進撃を食い止める 

ロシアがウクライナに侵攻して、首都キエフを陥落する可能性が大きくなっている中、ウクライナ軍兵士がロシア軍の戦車の進撃を防ぐために橋で自爆した。

これによって、ロシア軍の進撃は遅れが顕著に出ている。

ウクライナ軍によると25日(現地時間)、海兵隊の工兵であるビタリ・シャクン・ボロディミロビッチは、ロシア軍がウクライナに侵攻した当時、ウクライナ南部ヘルソン州ヘニチェスクの橋に配置された。

この橋は、クリミア半島とウクライナの本土をつなぐ要衝の地である。

ロシア軍が戦車を先頭に侵攻して来ると、ウクライナ軍はこの橋を爆破する方法しかないと判断した。

この工兵は橋に地雷を設置すると志願した。

設置途中で自分が安全な場所に移動する時間がないことに気付き、自爆することを選んだ。

この工兵は自爆前、軍隊にいる自分の兄弟たちに連絡して、橋を爆破させることを伝えた。

兄弟たちは「私たちの兄弟が殺害された」とし「私たちが生きている限り(ロシア軍と)戦うつもりだ」と決死抗戦の意志を固めた… (略)

引用元ソース
引用:yahoo.co.jp

ネットの反応

あわせて読みたい

created by Rinker
¥1,599(2024/03/04 12:59:07時点 Amazon調べ-詳細)
 


更新情報をFacebookで受け取る

 

更新情報をTwitterで受け取る

更新情報をLINEで受け取る

友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめ
この記事が気に入ったら
いいね&フォローしよう!
最新情報をお届けします。
こぐま速報