中国の内モンゴル自治区でモンゴル語が禁止され、校長が自殺。 | こぐま速報

中国の内モンゴル自治区でモンゴル語が禁止され、校長が自殺。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスク安くなってきています

created by Rinker
ピッタマスク(PITTA MASK)
¥907(2020/09/29 10:58:08時点 Amazon調べ-詳細)

内モンゴル自治区でモンゴル語が禁止され、校長が自殺。

中国の内モンゴル自治区でモンゴル語が禁止されたことで、中国共産党からの迫害が続き、ついに好調が自殺する事態が起きてしまいました。

彼女は中国共産党当局が、モンゴル族学校のモンゴル語教育を強制的に廃止された後、辞任したばかりだった。9月4日にアルシャー盟のモンゴル族の女性公務員スジナが転落死直後、もう一人の公務員が自殺したという事件だ。

 内モンゴル教育部門はこのほど、すべての現地学校にモンゴル語を中国語に置き換えるよう要求し、民衆の抗議を引き起こしたが、中国当局の取締は暴力的で、わずか2週間で5人の自殺者が報告されている。

 ネット上では、中国共産党の残虐性を非難する一方で、同校の校長先生の死に遺憾の意を表明する声も多く見られた。

 「この校長をとても尊敬しています。しかし、香港、新疆、チベットのような場所で、中国共産党による残忍な迫害と苦しみの中で、人々がどれほど勇気を示したかを、部外者はほとんど十分に認識していません。」

 「(内モンゴル)教師が逮捕され、保護者が殴られ、学生が学籍を取消されて、20日も経ち、毎日のように自宅で脅されている。中国共産党のこのようなやり方に、どれぐらいの人が耐えられうるのか」
引用:sohcradio.com

ネットの反応

created by Rinker
¥2,468(2020/09/29 10:13:41時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい