韓国メディアが日本の「韓国叩き」の本音は失われた時代における劣等感 - こぐま速報

韓国メディアが日本の「韓国叩き」の本音は失われた時代における劣等感

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスク適正価格になっています

created by Rinker
ピッタマスク(PITTA MASK)
¥480(2021/05/16 10:38:13時点 Amazon調べ-詳細)

韓国メディアが日本の「韓国叩き」の本音は失われた時代における劣等感

韓国メディアが日本の「韓国叩き」の本音は、1990年以降の失われた時代における劣等感だと報道し批判が殺到しています。

1990年から日本は長い景気後退を経験した。資産バブルが破裂しながら、数十年にわたるデフレと長期不況の泥沼に吸い込まれた。いくらお金を解放も、経済が回復しない現象を指す「日本化(Japanification)」は、世界経済の政策立案者たちが最も恐れる言葉になった。
最近、日本の株式市場は、1990年以来の高値を撮ったが、日本が30年前の映画を取り戻すことができるとは期待しては見当たらない。当時、世界は日本を研究し、日本を学ぶために必死にしがみついた。しかし、今、世界はなんとか日本の電車を踏まないために必死にしがみついている。

過去数年の間に、日本は、大規模なお金の展開に要約されている「アベノミクス」を通じて強く回復するように包装されたが実状を見てみるとそうではない。国家負債は、世界最高水準に高騰し、デフレと停滞恐怖は常時的で深刻な高齢化に購買力も縮小している。

昨年は東京オリンピック開催の成功を通じて、海外に日本の底力を誇示し、経済跳躍の契機にしようとしたが、これもコロナ19ファンデミクに水の泡になった。また、コロナ19対応で、政府は無責任と無能を現わした。安倍晋三元首相が電撃辞任した後、菅義偉政府が樹立されたが「グバプにそのハーブ」という評価が支配的だ。

衰退の信号は、早くから検出された。世界2位の経済国というタイトルを中国に出して与えた久しい。日本経済がためらう間、韓国との経済力格差も縮小した。昨年、日本は世界の国家競争力順位で34位にとどまり、韓国(23位)に大きく押された。日本を文化大国に導いた漫画、ゲーム、映画などの文化輸出はKポップ、Kウェプツン、Kドラマに位置を奪われた

社会では長い低迷変化と挑戦より安定を好む雰囲気が蔓延している。改革と革新は、距離が遠い。現金とファックス、塗装に点綴されたアナログの文化は、政策的な改革課題としなければするほどだ。2020年ブルームバーグが選んだ世界の革新的なランキングで、日本は12位にとどまり、韓国(2位)にしばらく押された。将来の経済をリードするスタートアップも飢饉現象に悩まさ。CB洞察によると、今年1月に基準日本のスタートアップ4つ、中国(122件)、韓国(11個)に及ばない。

一連の過程の中で、日本で韓国と中国に対する反感が高まっているという点は注目に値する。日本が世界の富と国際秩序を導くアジア唯一の先進国という自負心が揺れているのと無関係でないからだ。昨年先進7カ国(G7)の集まりで韓国、オーストラリアなどを含めてG11に拡大改編しようとする動きに日本が難色を示したのも同じ脈絡とみられる。

特に韓国の情緒が警戒心を越えて嫌悪に向かうことは懸念だ。街で堂々と嫌韓デモが行われて書店には嫌韓本だけ売るインストアがあるほどだ。日本の右翼は嫌韓感情に注入しながら精神勝利を叫ぶが優越感の場合で劣等感を見つけることと難しくない。

引用:news.v.daum.net

ネットの反応


あわせて読みたい