2020年1月から「線虫」を使い尿一滴でがんのステージがわかる検査が実用化されがん検診のハードルが下がると話題に!

2020年1月から「線虫」を使い尿一滴でがんのステージがわかる検査が実用化されがん検診のハードルが下がると話題に!

日本人の死因1位のがんですが、検査が大変だったり高額だったりすることもありなかなか検査を受けることができない方も多いことと思います。そんながん検診が線虫を使って尿一滴で検査できると話題になっています。

日本人の死因1位のがん。その判定に「線虫」という小さな生物を利用した検査が、まもなく実用化されます。がん検診のハードルが下がると期待が高まっています。

検査に使うのは尿1滴だけ。九州大学の元助教が率いる企業が開発した検査方法は、「線虫」ががん患者の尿に集まる性質を利用したものです。現時点で大腸や胃などにできた15種類のがんをステージ0や1といった早い段階で見つけることができるとされます。検知率が90%に迫る高い精度であることや、苦痛もなく、検査費用が1万円弱と従来に比べて安価で済むなどのメリットがあります。
引用:yahoo.co.jp

-->

ネットの反応


2020年1月から「線虫」を使い尿一滴でがんのステージがわかる検査が実用化されがん検診のハードルが下がると話題に!

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

2020年1月から「線虫」を使い尿一滴でがんのステージがわかる検査が実用化されがん検診のハードルが下がると話題に!