「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と発言したリュソクチュン教授に対して韓国内で罷免など処罰を促す署名運動。首席報道官「処罰するために法改正が必要」

「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と発言したリュソクチュン教授に対して韓国内で罷免など処罰を促す署名運動。首席報道官「処罰するために法改正が必要」

「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と発言した韓国延世大学のリュソクチュン教授が早速、韓国国内で批判されています。まさに真実を告げると処罰される国なのではないでしょうか。
「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と発言したリュソクチュン教授に対して韓国内で罷免など処罰を促す署名運動。首席報道官「処罰するために法改正が必要」

政界 「リュソクチュン、国民の目・耳汚し妄言」… 罷免など処罰を促す

http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/910439.html?_fr=mt2

韓国延世大学のリュ・ソクチュン教授が「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と言う発言を受け批判が殺到している。

リュ・ソクチュン教授は日本植民地時代を語り慰安婦を「売春女性」とし、加害者は、日本(政府)ではない。慰安婦は売春の一種」と述べた。

彼は続いて「慰安婦は日本の民間が主導し、日本は関わっていない」と付け加えた。

これに対して学生が「慰安婦被害者は自主的に行ったものではなく、強制連行されたではないか」と反発し、リュ教授は「生活が困窮している当時は売春の誘惑があった」と回答した。

これに対して韓国民主党内のジョンチュンスク議員は22日に「韓国党革新委員長を務めていたリュ教授の妄言と歴史歪曲に全国民が激怒している」と批判した。

ジョンチュンスク首席報道官も「親日・反歴史的妄言を処罰するために法的・制度的な対策が必要だ」とし「リュ教授に対する大学当局の断固たる措置を求める」と述べた。

現在、延世大学の在校生と卒業生らはリュ教授に対して罷免(ひめん)するように署名運動を行っている。

引用:gogotsu.com

ネットの反応

-->

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と発言したリュソクチュン教授に対して韓国内で罷免など処罰を促す署名運動。首席報道官「処罰するために法改正が必要」