彫刻家の佐藤忠良さんが40年くらい前に、小学校1年生向けに書いた図工の教科書の文章が芸術活動の素晴らしさを表現している名言だと話題に!

彫刻家の佐藤忠良、群馬の人などのブロンズ像や『おおきなかぶ』の挿絵などで有名な彫刻家ですが、40年前の図工の教科書に書かれた芸術活動をする意味について言及した文章が話題になっています。

佐藤忠良さんによる人間が芸術活動をする意味


佐藤忠良さんによる人間が芸術活動をする意味

岡本太郎の言葉に通ずるものがある

でも綺麗に言われた通りに作らないと成績下げられます

その他の反応

佐藤忠良さんの作品集はこちら

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

彫刻家の佐藤忠良さんが40年くらい前に、小学校1年生向けに書いた図工の教科書の文章が芸術活動の素晴らしさを表現している名言だと話題に!