ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww - こぐま速報

ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww

カルロス・ゴーン氏逃亡で、中学生が覚えるべき英語での「been」と「gone」の使い分けがわかりやすくなったと話題になっています。

ビーンhas been toレバノン
訳:ビーンはレバノンに行ったことがある

ゴーンhas gone toレバノン
訳:ゴーンはレバノンに行って帰ってこない

確かにわかりやすい(笑

ネットの反応


ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww

あわせて読みたい


5個セット【オミクロン株対応・日本製】 抗原検査キット 変異株対応 唾液採取 郵送不要 スピード検査 研究用 (5)
GuLife

マスク適正価格になっています

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,078(2022/06/25 01:54:55時点 Amazon調べ-詳細)


更新情報をFacebookで受け取る

 

更新情報をTwitterで受け取る

更新情報をLINEで受け取る

友だち追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめ
この記事が気に入ったら
いいね&フォローしよう!
最新情報をお届けします。
こぐま速報