ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww

ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww

カルロス・ゴーン氏逃亡で、中学生が覚えるべき英語での「been」と「gone」の使い分けがわかりやすくなったと話題になっています。

ビーンhas been toレバノン
訳:ビーンはレバノンに行ったことがある

ゴーンhas gone toレバノン
訳:ゴーンはレバノンに行って帰ってこない

確かにわかりやすい(笑

ネットの反応


ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

ゴーン氏逃亡で中学生英語の「been」と「gone」の違いが覚えやすくなったらしいwww