「EMINEM、ジブラも全部フェイク!」と彼らを批判し、ヒップホップのみならずJ-POPやロックまでをも自らの範疇とする時代が追いついてない唯一のアーティスト「ノリアキ(Noriaki)」のまとめ。

■ノリアキ(Noriaki)とは

出生名:高橋 典彬(たかはし のりあき)
別名:リアル、カリスマラッパー(MC)
出生:1984年5月29日(30歳)
出身地:日本の旗 日本 山形県
ジャンル:ヒップホップ、フリースタイル
職業:MC、作曲家、俳優
活動期間:2005年-2009年
レーベル:Cruiser
事務所:Cruiser
共同作業者:水野敬也、古屋雄作

■ノリアキの経歴・来歴

2005年5月 水野敬也の「後輩オーディション」に応募し、合格する。その後、水野とその友人である演出家の古屋雄作の案によって活動を開始。

→水野敬也氏は後に「夢をかなえるゾウ」を著作にもつヒット作家となった。

●後輩オーディション時のノリアキ(高橋 典彬)
ノリアキの後輩オーディション

なお、後輩オーディションは、あの世界一即戦力の男「菊池良」氏も出ていた。
世界一即戦力な男菊池良

参考)■女社長マミの一億円プロジェクト■後輩オーディション:菊池良クン(20)

2006年3月22日 DVD版と同時発売した1stシングル「デビュー/unstoppable」によってインディーズデビューを果たす。その収録曲「unstoppable」にて、エミネムやZEEBRA、売る為に作られた商業音楽等を「フェイク(偽りの音楽)」と主張

→当初アンサーは返されてなかったが、後にZEEBRAによってアンサーが返されることに!

2007年10月24日 アルバム「This is da Music.」を発売。

ノリアキ(Noriaki)、ファーストアルバム『This is da Music』
ノリアキのThis is da Music

2009年8月5日 公式ブログにて活動休止を発表。「限りなく引退に近い決心」との発言があり、引退に近いとの発言がある為に完全引退であるかどうかはわからず活動再開に関しては現在も不明。

引退文は下記の引用のとおり

ノリアキです。

このたびニュースなどで報道されているとおり、
リヴの押尾学氏が麻薬取締法違反の容疑で逮捕されました。

マナブのやったことは、けっして許されるものではありません。

マナブには、しっかりと法の裁きを受け、
そしてまたいつの日か、ファンの声援に真正面から応えてもらいたいと、
ノリアキは心から願っています。

正直、色々なことを考えました。

これまでもずっと、マナブとはお互いにいい影響を与えあって、切磋琢磨し、
やってきたつもりです。マナブがどう思ってるかはわからないケド…。

そして、1つの結論を出しました。

この機会を持って、
ノリアキは、ノリアキとしての活動を封印しようと思います。

俺にとって、「リヴの押尾学」がいないこの業界でやっていくというのは
考えられないことなんです。

張り合いがないとか、気が抜けるとか、そういうことともちょっと違う。
とにかく俺の中で、今後ミュージシャンを続けていく意味が見いだせなくなってしまった。

以前、ノリアキを封印して「NORI∀KI」に改名していた時期もあったけど、
今度のはそういうものでもありません。
本当に本当の封印。限りなく引退に近い決心です。

ファンのみんな、突然身勝手なことを言ってごめん。

けど、俺にとっては、とてもとても重要なこと。
みんなにも、わかってもらえたらウレシイ。

俺の魂は、俺が作った音楽の中に刻まれていて…

ノリアキは、永遠にそこにいます

いつか、また会える日が来ることを祈って。

2009年8月5日 ノリアキ

参照:ノリア記より

■ノリアキのエピソード

学生時代にいじめに遭っていた経験があり引きこもりであったが、その後筑波大学へ進学し、ヒップホップの音楽活動を行うようになった。所属事務所のオーディション時に、活動日々の大変さに対し大丈夫かどうか懸念されるが、「自分にはいじめられていた経験があるから大丈夫」と、いじめに遭っていた辛い経験が強い自分を作り上げた事を示唆した。

作品や活動に関して、故意に滑稽なパフォーマンスを行う事でアフリカ系アメリカ人の外見を真似、ヒップホップの本質を軽視する日本のヒップホップ界の一部の音楽家達を批判する為に視覚的な表現法になっている

自身の主流ジャンルのヒップホップだけではなく、R&B、ブルース、ロック、ポップス等、ヒップホップも含めたフリースタイル的な音楽ジャンルの活動も行う。楽曲のPVでは人種の壁を越え外国人と共演した物が多い。

作曲はほぼ全て自身で手掛けており、PV中にDTMらしき物が描写されているシーンがある。

 

あの岡崎体育もノリアキをリスペクトしており、関ジャムなどのテレビ番組でも公言!
岡崎体育 ノリアキ

岡崎体育 ノリアキ 岡崎体育 ノリアキ

■ノリアキ(Noriaki)楽曲一覧

●デビュー(Debut)

ノリアキデビュー曲は、社会でいまいちパッとしない人たちのための応援ソング。煽り立てるドラムとファルセット・ヴォイスも印象的。

●unstoppable(アンストッパブル)

時代が追いついてない唯一のアーティストと言わしめた作品。EMINEM(エミネム)やZEEBRA(ジブラ)といった有名ラッパーをフェイクだと強烈DIS。有名ラッパーもノリアキにかかれば全部フェイク!?なお、彼らからアンサーソングは今だ返されていない。

●だれかおれをすきになれ

『だれかおれをすきになれ』というタイトルに全てが凝縮されたといってもいい、ノリアキの想いが込められたパワフルソング。

●SU・BE・TE

英語詞も登場しノリアキイングリッシュが堪能できる作品。PVの外国人女性との絡みも美しい日常を表現している。ラストのスキャットばりの英語爆弾も見物。

●father’s day(ファザーズデイ)

Dragon Ash feat.ZEEBRAの「Grateful Days」へのアンサーソング。「山形生まれファミ通育ち」というフック部分の強烈なパンチラインも印象的。山形チェリーボーイスタイルを世に知らしめた楽曲でもある。

●generation

正統派ガレージロック。たった4行の歌詞のループでここまで表現できるのは凄い。

●きみはポイズン(Ki mi wa Poison)

山形チェリースタイルを提唱。イルな感じがヤバい!誰がリアルで誰がフェイクか!?
闘えラーメンマンの「魔技・半鐘割り 打穴三点崩し」といったネタを放り込んでくるところにライムの秀逸さを感じさせる作品。

●スカイフィッシュ(skyfish)

DVD「スカイフィッシュの捕まえ方」テーマソング。

 

●the golden song(ザ・ゴールデン・ソング)

最初はラップ調の曲調だが、途中から大胆なメロディ転換を果たし、なんと始まるのが合唱!
クイーンのボヘミアンラプソディーもビックリの天才的な展開はノリアキの才能を存分に感じ取れるまさにキングオブミュージック的な作品。

■ノリアキ ライブ(LIVE)動画

2006年11月の早稲田祭にて、ノリアキ(noriaki) – 「デビュー(debut)」「スカイフィッシュ(Skyfish)」、アンコールの後に「unstoppable(アンストッパブル)」の披露。

 

次のページでは、秘蔵のノリアキ本人からのコメントムービー、初のロサンゼルスでの海外ロケによるドキュメンタリー映像を紹介!

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪