【あるある】アメリカのアニメによくあるパターン【走るときに土煙が出る】 | こぐま速報

【あるある】アメリカのアニメによくあるパターン【走るときに土煙が出る】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【あるある】アメリカのアニメによくあるパターン【走るときに土煙が出る】

猫がネズミ追いかけて失敗するなど、アメリカのアニメって定番の型がありますよね。そんなアメリカアニメでよくあるシーンのまとめです。


■アメリカのアニメによくあるパターン
・走るときは一回ジャンプして着地時に足が回転して溜めを作ってから(先に足が走り出す。体は後)
・走るときに土煙が出る
・伸びたり縮んだり輪になったりして攻撃をかわす
・ミュータントが活躍
・女キャラの唇が分厚い
・キャラの線が太い
・マッチョ
・犬の出演率が高い
・萌えがたりなすぎる
・日本のアニメの吹き替えで主人公や仲間がやたらマッチョな声になってる
・どんな機械でも壊れるとバネが飛び出る
・そもそも子供向けじゃない。
・ほとんど動かない
・サンドイッチの盛り付けが雑
・強い奴は筋骨隆々、小柄なのや美少女が強いことはまず無い
・食べてる物にカラフルなソースやケチャップ的なものがかかっている、そして口の周りが汚れる。
・主人公のライバルが口のわりに強くない
・日本観がおかしい
・日本人キャラが登場すると何故か銅鑼の音
・たまに出てくる日本人キャラがヘッタクソな日本語喋る「イラシャマセ!」

 

皆さんの知ってるあるあるネタもシェアしてみてください。

典型例なアメリカアニメ「シルベスターとトウイーティー」

Tweety And Sylvester's Song
created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥2,200(2020/09/19 21:25:28時点 Amazon調べ-詳細)