【内部障害者】てんかん持ちで電車の優先座席でに座っていたら心無い言葉を投げかけられたという話【ヘルプマーク】

【内部障害者】てんかん持ちで電車の優先座席でに座っていたら心無い言葉を投げかけられたという話【ヘルプマーク】

てんかんの持病を持った女性が優先席に座った時に、言われた心無い言葉が多くの反響を呼んでいます。確かに外からはわかりづらいですが、内部障害を持った人は世の中に大勢います。そういった人のためにヘルプマークがあるにもかかわらず、まだそれが浸透していない現実もあるようです。

 

【内部障害者】てんかん持ちで電車の優先座席でに座っていたら心無い言葉を投げかけられたという話【ヘルプマーク】 【内部障害者】てんかん持ちで電車の優先座席でに座っていたら心無い言葉を投げかけられたという話【ヘルプマーク】 【内部障害者】てんかん持ちで電車の優先座席でに座っていたら心無い言葉を投げかけられたという話【ヘルプマーク】

言うべきか迷いましたが 辛すぎて病んできたので吐き出させて

確かに私のピアスが多いのも原因かもしれないけど
それとこれとは別だよ pic.twitter.com/y1ZO2qPvdm

— えだまめ方言の人 (@yami__neko009) 2018年9月16日

小2か小3の頃に小児てんかんを発症して
その他精神障害(ADHD、反抗挑戦性障害、軽度自閉症など)も診断されて

でも 医者には 高校に上がる頃には治りますよって言われて
それからは毎月通院

その時辛かったのは親を含む親戚たちが仮病扱いしてきたこと
発作が起きると怒られること

小2か小3の頃に小児てんかんを発症して
その他精神障害(ADHD、反抗挑戦性障害、軽度自閉症など)も診断されて

でも 医者には 高校に上がる頃には治りますよって言われて
それからは毎月通院

その時辛かったのは親を含む親戚たちが仮病扱いしてきたこと
発作が起きると怒られること

すると教師達は何を思ったのか
発作が起きると「さっさと歩け」と腕を掴み無理矢理歩かせようとしてきた
全く立てない時は寝かせた状態で揺さぶられたり ビンタされたり
親に相談したかったが親は「発作なんか気の持ちようだ」と言う人だったので相談なんて怖くてできたもんじゃなかった

今はそんなことは無く
発作のことも理解してくれて
私の趣味も個性であると受け入れてくれています

何が言いたいかって
辛い時 苦しい時に支えられるのはなんと言っても家族なんです
だからまずは家族が理解してるかどうかなんです
じゃないと外でも嫌悪され家でも嫌悪されなんて耐えられませんよ

 

■ネットの反応

■こちらの本もオススメ!

ねころんで読めるてんかん診療: 発作ゼロ・副作用ゼロ・不安ゼロ!
中里 信和
メディカ出版 (2016-01-15)
売り上げランキング: 36,946
この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

【内部障害者】てんかん持ちで電車の優先座席でに座っていたら心無い言葉を投げかけられたという話【ヘルプマーク】