フィリピン・マニラ北部の「スモーキーマウンテン」はスラム街として多くの人に知られています。

 

■スモーキーマウンテンとは

スモーキー・マウンテン(英語: Smokey Mountain)とは、フィリピンマニラ市北方に位置するスラム街のことである。
かつては海岸線に面した一漁村であったが、1954年に焼却されないゴミの投棄場になった。それ以来からマニラ市内(マニラ首都圏)で出たごみが大量に運び込まれ、ゴミの中から廃品回収を行い僅かな日銭を稼ぐ貧民(スカベンジャー)が住み着き、急速にスラム化した。

フィリピンスラム街スモーキーマウンテン

スモーキーマウンテンは、漫画『ONE PIECE(ワンピース)』で、作品の舞台「グレイ・ターミナル」のモデルとして紹介されている場所です。
スモーキーマウンテンには8000人以上もの人々が住んでおり。その70%近くがごみ拾いをしており、非常に苦しい生活を強いられています。一人の大人が一日に稼ぐことができるお金は、だいたい100ペソ(日本円で200円前後)程度と言われています。

 子供たちはペットボトル、ビニール、ガラスなど、リサイクルできるものを探す。時には、裸足や素手で作業をするためにケガをすることが多い。


子供たちはペットボトル、ビニール、ガラスなど、リサイクルできるものを探す。時には、裸足や素手で作業をするためにケガをすることが多い。

 

スモーキーマウンテンから出る煙の影響で病気なる人がたくさんいます。また栄養失調が原因で病気にかかりやすい状態にあります。

スモーキーマウンテンから出る煙の影響で病気なる人がたくさんいます。また栄養失調が原因で病気にかかりやすい状態にあります。

 

水泳を楽しむ子供たち。しかし不衛生で深い所もあり危険が伴う。

水泳を楽しむ子供たち。しかし不衛生で深い所もあり危険が伴う。

 

スカベンジャー(ゴミ拾い人)達は、スモーキーマウンテンの周辺で集合住宅を形成している。

スカベンジャー(ゴミ拾い人)達は、スモーキーマウンテンの周辺で集合住宅を形成している。

1995年に、政府は、国のイメージが損なわれることを理由に閉鎖し、住民の強制退去が行われたが、住民たちは、スモーキー・バレー(パヤタス・ダンプサイト)をはじめとする別の処分場周辺に移り住んだ。パヤタス・ダンプサイトが現在のスモ―キーマウンテンとして知られている。

■動画(スモーキーマウンテンのスラムの現状)

スモーキーマウンテンの現状は、日本人の「四ノ宮 浩」監督により、スモーキーマウンテン3部作(「忘れられた子供たち スカベンジャー」、「神の子たち」「BASURA バスーラ」)としてドキュメンタリー映画化もされている。
下記の動画は「神の子たち」をサンプルに編集されたものです。

 

●ゴミ捨て場の子供達 【特別編集版】_1/3

 

●ゴミ捨て場の子供達 【特別編集版】_2/3

 

●ゴミ捨て場の子供達 【特別編集版】_3/3

●スモーキーマウンテンの現在

 

こちらのDVDもオススメ

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪