新型コロナの影響で、飲食店の道路占用許可の基準を11月まで緩和と国土交通省が発表 | こぐま速報

新型コロナの影響で、飲食店の道路占用許可の基準を11月まで緩和と国土交通省が発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナの影響で、飲食店の道路占用許可の基準を11月まで緩和と国土交通省が発表

新型コロナウイルスの影響のため、今まで規制していた飲食店の道路占用許可の基準を1月まで緩和すると国土交通省が発表しました。

道路に物を置く場合には法律で道路管理者の許可が必要ですが、国土交通省によりますと、現状では飲食店が店先にテーブルなどを設置する場合は敷地内に置くよう求められ、道路の使用は認められない場合が多いということです。

しかし、多くの飲食店から感染対策の一環として、風通しのよい店先にテラス席やテイクアウトの売り場を設けたいという声が上がっていることから、国土交通省はことし11月末までの間、道路を使用しやすくするよう、特例的に占用許可の基準を緩和することになりました。

新型コロナの影響で、飲食店の道路占用許可の基準を11月まで緩和と国土交通省が発表

ネットの反応