ビザ取得のため「旧姓併記パスポート」を説明する文書が欲しい→外務省「対応できません」→河野太郎外務大臣「対応を指示しました」と神対応!

ビザ取得のため「旧姓併記パスポート」を説明する文書が欲しい→外務省「対応できません」→河野太郎外務大臣「対応を指示しました」

「旧姓併記パスポート」を持っていて、海外渡航の際のビザ取得のため説明が大変なので、それを説明する文書を発行して欲しいと外務省に頼むも対応できないと言われた旨をTwitterに投稿したところ、河野太郎外務大臣が早速これに対して、対応する旨を引用リツイートして、神対応だと話題になっています。

「旧姓併記パスポート」を持っていて説明に不便を感じていた投稿主さん

河野太郎外務大臣自ら対応するとまさかの発言!

河野太郎外務大臣のプロフィール

ビザ取得のため「旧姓併記パスポート」を説明する文書が欲しい→外務省「対応できません」→河野太郎外務大臣「対応を指示しました」
生年月日 :1963年1月10日(56歳)
出生地 :神奈川県平塚市
出身校 :ジョージタウン大学国際学部 比較政治学専攻
前職 :富士ゼロックス社員、日本端子社員
所属政党 :自由民主党(麻生派)
親族 :父・河野洋平(元衆議院議長)
エピソード :腎不全になった父親・河野洋平のために自らの腎臓を提供した本当に素晴らしい慈愛の心を持った方です。

ネットの反応

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

ビザ取得のため「旧姓併記パスポート」を説明する文書が欲しい→外務省「対応できません」→河野太郎外務大臣「対応を指示しました」