堺市が取り組む学校教職員の長時間の時間外労働に一石を投じる施策が素晴らしいと話題に!

堺市が取り組む学校教職員の長時間の時間外労働に一石を投じる施策が素晴らしいと話題に!

学校の教職員は、生徒に指導している時間以外も、プリント作成や答案採点、その他雑務により長時間の時間外労働を強いられている現状があります。そんな現状に一石を投じる堺市の施策が素晴らしいと話題になっています!
※教職員が勤務時間を超えて学校に滞在している時間は、年間490時間とも言われています。

堺市が取り組む学校教職員の長時間の時間外労働に一石を投じる施策が素晴らしいと話題に!

 

1:学校閉庁日を設定します:長期休業期間中に5日程度の「学校閉庁日」を設定。
2:定時退勤日を設定します:毎週水曜日を定時退勤日とする。
3:ノークラブデーを推進します。:ノークラブデーは平日は週1日以上、休祝日は月2日以上。

いずれも抜本的な施策ではないかもしませんが、少しでも教職員の負担を軽くしようという考えを基につくられた施策なので今後こういった施策が広がっていって欲しいと思われます。

■ネットの反応

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

堺市が取り組む学校教職員の長時間の時間外労働に一石を投じる施策が素晴らしいと話題に!