1月16日に,仮想通貨取引所「Bitflyer」にて、仮装通貨FX(レバレッジをかけられる信用取引)を行っていた男性が、取引所のロスカットがうまく発動せず、その後強制ロスカットとなり1600万円の負債を抱えることになったとして話題になっています!

仮想通貨大暴落で1600万の大損をして破産寸前になった人がTwitterに登場【強制ロスカット】 仮想通貨大暴落で1600万の大損をして破産寸前になった人がTwitterに登場【強制ロスカット】 仮想通貨大暴落で1600万の大損をして破産寸前になった人がTwitterに登場【強制ロスカット】

報道ステーションにて、この男性のインタビューがあったようです。

仮想通貨大暴落でビットコインFXにより1600万の大損をして破産寸前になった人が報道ステーションに登場 仮想通貨大暴落でビットコインFXにより1600万の大損をして破産寸前になった人が報道ステーションに登場 仮想通貨大暴落でビットコインFXにより1600万の大損をして破産寸前になった人が報道ステーションに登場 仮想通貨大暴落でビットコインFXにより1600万の大損をして破産寸前になった人が報道ステーションに登場

まだ仮想通貨の取引所は、株式市場のように取引環境が整っていないところが多くあります。よって、仮想通貨FXなどの証拠金取引は危険な要素をはらんでいるので、ほどほどにしといたほうがいいのではないでしょうか。

■ネットの反応

■こちらの記事もオススメ

 

今、口座を開くなら金融庁の登録業者である「Bitflyer」や「Zaif」がオススメです!

■Bitflyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■zaif

■Binance
https://www.binance.com/?ref=21668155

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

仮想通貨大暴落で1600万の大損をして破産寸前になった人がTwitterに登場【強制ロスカット】