ぽたつん(@Potatsun_643)さんがTwitterに投稿した1枚の写真、そこにある「13-9=4」の数式の問題がに対する小学1年生の解説が話題になっています。

数式自体は、いたってシンプルなものです。

13-9=4

しかしながら下記の説明が、難解すぎるとしてネット上で話題になっています。

1年生(小学校)の「くりさがりのあるひきざん」の授業で、次のように説明した児童がいます。
児童がどう考えたか、説明しましょう。

13から3ひいて10になったほうから2ひいて5。
そして5になったほうから4ひく。
こたえは4

ネットでも難しいとの反応が多く寄せられました。

皆さんわかりましたでしょうか?

一つヒントを出すと、「繰り下がりの引き算はできない」ということを念頭においておけばいいかもしれません。

次のページに解答例を載せてあるので確認してみてください。

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪