最近、NetflixやYouTubeて、第一次世界大戦やナチスの収容所ものとか、政治や軍事ドキュメンタリーを色々みてたんですが、YouTubeで観た「ルーマニア革命 ROMANIA REVOLUTION 1989 」という映像=80年代のルーマニア革命のドキュメンタリーはかなり興味深かったです。

自由や民主化を求める民衆のパワーが凄くて、デモで政権を本当に倒せるんだなってことがこれをみるとよくわかります。そしてなによりも独裁と暴虐の限りをつくしたチャウシェスク夫妻が処刑されるところなどは映画以上のカタルシスをもって演出されてます。

ルーマニア革命

チャウシェスクといえば、その不詳の息子であるニク・チャウシェスクは、モントリオールオリンピックで3個の金メダルを獲得したナディア・コマネチに対して、愛人になるように強要したエピソードもあります。
これについては、コマネチに豪邸を与えて特権階級にしましたが、同時に秘密警察に監視させて、半ば軟禁状態にしていました。
後にコマネチは、それに耐えきれなくなったために、ハンガリー、オーストリア経由でアメリカに亡命した
と言われています。

また、チャウシェスク一族は、国内のダミー企業を使って、兵器売買をなどを行いスイスの銀行を使って秘密財産つくっていたともいわれています。この秘密財産について国民の財産であるので回収するべきという議論がされていますが、ルーマニア革命でチャウシェスク政権が打倒された今でも未だ解決されていないようです。一説では、チャウシャスク政権後の政権中枢にいた者たちがそれを利用しているという噂もありますが、真偽のほどは定かではありません。

毛戸論としては、政治において、国民を舐めてると大変になることがよくわかり、後の東欧の共産主義政権崩壊にも影響を与えた事件なのでよければ色々みてみてくださいね( ^ω^ )

 

 

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪