【動画】アゼルバイジャンの学校で教える日本語の例文がネガティブすぎると話題に!

アゼルバイジャン 日本語 例文 闇が深い

アゼルバイジャンの学校の授業で教えている、日本語の例文がの闇が深いと話題です!

■日本語の例文
●彼はいつも一言多いので皆んなに嫌われている

●自分は偉いと思って人を見下していると、そのうち逆に他の人から見下されるようになる。

●高校を卒業してから、男はいろんな会社を転々とした、そして結局は父親のレストランを継ぐことになった。

●うちの主人は年中小言ばっかり言っている、うちの家内と隣の奥さんはとても仲が悪い

●毎日お風呂の水を替える家もあるし、2、3日替えない家もある

●毎日毎日残業で、土曜日曜は休日出勤、休みがいくつあっても足りないよ

■ネットの反応

 

街のヘンなもの! VOW 31周年デラックス
宝島社
売り上げランキング: 181,246
この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

アゼルバイジャン 日本語 例文 闇が深い