聴覚障害を持っている”ねこ(Mami)@mm_satou”さんが、居酒屋を予約した時に、店側から「聴覚障害者は初めてなのですがどうしたら良いですか?」と聞いてくれたようです、そしていざ行ってみると、手書きのプラカードで耳が聞こえなくても楽しめる気遣いをしてくれたようです!

 

「あぶりしめ鯖」は、お客さんにレモンを絞ってもらい、絞り終えたときに「ナイスレモン!」のかけ」声をかけるパフォーマンスですが、これを耳が聞こえなくても楽しめるようにしてくれています!

 

義務ではなく、喜んでやっているというところがポイントでしょうか。
ディズニーランドなどのホスピタリティの高い施設もそうですが、スタッフが心遣いをいやいやでなく心から楽しい気持ちでやっているようにみえます。こういったホスピタリティの高い店が増えていくといいですね!

ちなみに、今回話題になったお店は山形県にある「やっしょかましょ」という店らしいです。

 

■ネットの反応

 

こちらの本もオススメ!

早引き 手話ハンドブック―知りたいことがよくわかる
  • 価格   ¥ 1,080
  • メーカー
  • 販売者 Amazon.co.jp
この記事が気に入ったら「いいね」してね♪