とある小学校の教師が、発達障害のある児童に関して施した教育方法に関するツイートをし、それが話題になっています。

「子供に自画像を描かせ切り取った顔を黒板上に貼ると、一人一人を大事にしている」という既成の概念を気にせず、しかも学校関係者と意見を異にする立場を取りながら、発達障害児に最適な支援と配慮ができたぽんた先生には頭が下がる思いです。
こういった個々の生徒に配慮した教育ができると、もっと全体的に才能を発揮できる生徒が増えていくんではないでしょうか。

ネットでも多くの反響が寄せられています。

 

■ネットの反応

 

■こちらの記事もオススメ!

 

こちらの本でも発達障害での教育を学ぼう!

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪