迷彩服はもはやファッションにも取り入れられ日常にもよく目にするものとなっています。
今回、とある通勤中の自衛官が迷彩服にタスキ掛けをしている理由に関する投稿が話題になっています。

どうやら、迷彩服にタスキをかけている理由は、迷彩服は暗闇や地形に溶け込んでしまう柄なので視認性を高めて事故を防止するためだったのです。
そもそも迷彩服はカモフラージュする役目を負っている服なので、そういった服を着用する者の責務を自衛艦の方々は示しているのでしょう。

 

■ネットの反応

そういった意味で、お子さんなどにも迷彩服柄のレインコートは危険かもしれませんね

 

迷彩服はサバゲーなどで大活躍!

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪