三年前、とある法律事務所で電話営業をやっていたYoshitsu Takuma‏(@dramawrite442) さんが、社会で生きるということ、自分がやるべきことを見つけることができたお話です。

●ネットの反応
「死ぬ必要はありません」ということは、はっきり言ってあげても良かったかなとは思う。弁護士とか関係なく、一般常識として。

そんなに簡単(金になる)なら法テラスで袖にされることもなさそうだけどな。

『自分に正直に生きたいなら、誰かに頼るでもなく自分で生きていく術を見つけなきゃいけない』は酷い話だけど割と本当。大体の会社は薄暗いところも黒いところも抱えてるし倫理的な問題抱えずに仕事できる人・業種職種なんてほんの一握りだから。社会に出たての20そこそこの若者には酷かもしれないけど、倫理的に超ホワイトなとこに入る自信ないなら能力を自ら身につけるしかない。まあ凄い一芸あってすら完全に解決しはしないけどね……

仕事でやってる訳で、内容も内容なだけに一々同情していたら身が持たないんじゃないか そもそもそんな切羽詰まった状況にしてしまったのは借金拵えたその母親だし 割り切った方がダメージも少なくなるんじゃないかね

冷酷だけど、上司に感謝したほうが良い案件に見えた。当時情報開示の知識があったら切れずに蟻地獄に沈んでたんじゃないかな。FPも親身すぎると稼げなくて身も心も削ることになるから、趣味のままか稼ぐことが至上目的じゃない副業までが良いように感じます。

返すあてもないのに金だけとりあえず借りちゃう人に同情する必要あるのかな。どうなるかわかってて借りたんでしょ? 今までも泣き落としでどうにかなったから同じこと繰り返してるんでしょ? 同情しなくても勝手に何とかできるよ、そういう人は。心配するだけ心のリソースの無駄。

むしろなんで法テラスが断ったのかが気になるん。こういう(あえてストレートな書き方するけど)利益優先の弁護士事務所では厳しい、でも法律関連の救済が必要、って人が駆け込むべき場所よねぇ?

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪